マリンバ&ソプラノ ジョイントコンサート 2011.9.24

2011年9月24日(土)みなとみらいホール(小ホール)で市瀬孝子(高14期)さんの『マリンバ&ソプラノ ジョイントコンサート』が盛大に開催されました。開演時間は19:00 18:30分に開場の小ホールは、『本日はチケットが完売されており満席が予想されています。席はすべて自由席ですのでお早くご希望の席へご着席下さい。』と言う案内嬢の声に背を押されながら2階へのエスカレーターの多くの方が列を成しています。開場は開演15分前には440席が超満員、でもさすが音楽コンサート場内には大人の静寂で満ちていました。

画像の説明

横浜が世界に誇るホールだけあってエントランスも会場も窓から見える夜景のどれをとっても超一流・・・・素晴らしい会場です。

画像の説明

横浜みなとみらいホールのエントランスロビーでは、田村能里子作「季の風奏」がお客様をお迎えします。シンプルな素描の線を生かして描かれた美神たちが、非日常の音楽空間へと人々の心を誘います。田村能里子氏は壁画制作の第一人者。西安のホテル「唐華賓館」を第一作目として、中山競馬場、客船「飛鳥」、名古屋セントラルタワーズ、青梅慶友病院、テルモ株式会社、銀座のファンケルスクエア、京都嵐山天龍寺塔頭宝厳院の襖絵など、これまでに50作以上の壁画を制作しています。

画像の説明

「季の風奏」は、1998年の横浜みなとみらいホール落成を記念して、田村能里子氏より横浜市に寄贈された作品です。


 いよいよ開演です。 19:00

会場に照明が消され・・・司会者より『東日本大震災で亡くなられた多くの方々を偲んで捧げます。拍手をしないでお聞き下さい。・・・・・』とのアナウンスが会場に流れ慈しみの思いをのせた『アヴェ マリア』が「ソプラノ歌手 小田部七恵」さんの歌声と「ピアノ演奏 中野友裕」さんとで演奏され冥福を祈った。


 トップからマリンバ演奏が披露されました。 19:05

画像の説明
会場に輝く照明とスポットライトがマリンバ奏者の市瀬さんを照らす。両手に握られた4本のマレットが木製の鍵盤を舞う。あるときは激しく・・・・  あるときは軽く触れるように・・・・・ 近年はソロマリンバとして主役の座を得つつあるようです。

画像の説明

美しい音色と奏者を録画しようとビデオを持参しましたが残念ながら撮影は禁止でした。

画像の説明

残念ながら場内は撮影禁止のため写真などは御座いません。

お聞きしたい方は、是非コンサート会場へお越し下さい。


市瀬孝子氏プロフィール


画像の説明

高校14期、上野学園大学音楽学部器楽学科卒業。
マリンバを吉川雅夫、高橋美智子、工藤昭二の各氏に、打楽器を故小宅勇輔、故小森宗太郎の各氏に師事。
大学在学中よりテレビ・ラジオ・スタジオでの幅広い放送活動を行う。リサイタルやジョイントコンサート、学校音楽教育演奏会等全国各地で活躍。正確な技巧とダイナミックな表現力には定評がある。神奈川県立青少年センター打楽器講座、教育センター及び小中高での教師、生徒の演奏会、指導に招かれる。1992年、ドイツ・スペインへの演奏旅行。1999年スペインへ演奏旅行。同年11月には、みなとみらい大ホールにて久保友子とデュオリサイタルを開催し好評を博す。2002年アメリカへ演奏旅行。2004年、神奈川県立音楽堂でのガーシュインコンサートは新分野のコンサートとして大成功を納める。2005年イタリアへ演奏旅行、2006年マリンバトリオによる“06はマリンバでもモーツアルト”で好評を博す。2008年インドへ演奏旅行。(2008年5月現在)

平成23年9月25日

掲載責任者  広報部 佐藤正彦


a:2399 t:3 y:0

}}}