青木茂さん 経営焼きたてパン本牧館

 緑高から本牧方面アメリカ坂を下って、バス停「二之谷」寄りに「本牧館」はある。並みは大きく変わった。桜並木の通りだけが以前の名残りをとどめている。

本牧館1

 お店に入るとワールドカップ開催に因んで、参加国のパンを紹介している。明るい店内には次から次へお客さんが入ってくる。
 青木さんは現在、社長として、総合的なお店の経営にかかわっている。アメリカに留学していたご長男(店長)に、三年ほど前から現場をまかせている。
二十年程前に本牧館を立ち上げ、十年程前に改築。
朝六時半から開店、夜八時までの営業。出勤途中の方などが朝九時までの間に平均、平日は七十人、土、日は百二十人もお客さんがあるようだ。サンドウィッチやハンバーガーがよく出るという。売れ筋の蜂蜜入りの食パンはほんのり甘く、時間が経ってもおいしい。「パンだけでなく、焼き菓子、スィートポテト、クッキー、お総菜を入れたもの。特に栗やカボチャなどその季節を取り入れたものを作るように心がけてます。」と。クッキーの詰め合わせのご贈答品もおしゃれだ。

本牧館2
 焼き立てのおいしいパンをと、最初に本郷町に「バロン」を造ったのは三十三歳。二十五年になるという。病気療養などご苦労を重ねて現在はマイライフを楽しんでいるようだ。ひょうひょうとした感じの青木さんは高校十五期。同期会・いちご倶楽部の会長さん。明日から中国旅行だそうだ。いいご旅行を!
中区本牧間門19-28
045-624-0080  

本牧館のホームページヘリンク




焼きたてパン本牧館

a:2572 t:2 y:0

掲載更新期限 平成25年3月末日    HP管理委員会